新着記事

2021/04/27院内新聞・スタッフコラム

歯医者がフロスを推す理由

こんにちは( ´ ▽ ` )

はじめまして、歯科衛生士の見市です。

季節は変わり春になりました。いかがお過ごしでしょうか

気温も少しずつ暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね

花粉症の私には、過ごしやすくもむず痒い季節であります>_<







さて、今回はフロスについてのお話です


歯磨きをしても虫歯になると、お困りの方必見です


実は歯磨きだけでは、60%しか汚れを落とせてません


最近では、フロスはお子様の仕上げ磨きの際にもお使い頂いています






フロス?ご存知でない方も多いと思います。

フロスの形には、糸ようじと呼ばれるホルダータイプ糸タイプ2タイプございます。
















最近では、薬局やコンビニでも目にする機会が増えて、見たことある方も多いと思います。


糸タイプは使用するのに、コツや練習のいる、上級者さん向けです。


ホルダータイプの方が使いやすく、初心者さんでも簡単にお使い頂けます。


ホルダータイプは糸が切れるまで使い続けることが可能で、

 糸タイプは使い捨てなので、糸タイプの方が清潔に使えます。




糸タイプの方が、難しく練習が必要になりますが、

衛生面や清掃率、コスパもいいですし、糸タイプがおすすめです




糸タイプにも糸の種類が2種類あり、




ワックスタイプは、

糸にワックスがついているため、歯と歯の間への挿入が容易に行えます。

ただ、糸にワックスが付いているため、汚れ除去率は下がります。


ノンワックスタイプは、

ワックスがついていないため、歯と歯の間ヘの挿入が滑りにくく

ワックスタイプに比べると難しいです。

ただ、糸にワックスが付いてないため、汚れ除去が効率よく行えます。




歯と歯の間は、歯ブラシでは入らないようなマイクロ単位の狭い隙間です。

なので、歯ブラシとは別にフロスでのお掃除も重要になってきます。

定期検診で歯のお掃除にお越し頂き、綺麗に歯と歯の間のお掃除もさせて頂きますが、

毎日13食お食事をするので、すぐに歯と歯の間に汚れが溜まります。 

歯と歯の間に汚れが溜まった状態が48時間に達すると、

歯石と呼ばれる、歯ブラシでは取れない硬い石ができ始めると言われてます。

歯石によって、虫歯のリスクや、歯周病のリスクを高めてしまいます。

お忙しい日々の中だと思いますが、

毎日1回夜寝る前にして頂けたらと思います。


おうちでの毎日のケアがとても重要になってきますので、

その必要性について、お伝えさせて頂きました。




患者様のお口にあったものをお伝えさせて頂きますので、

気軽にいつでもご相談くださいませ( ´ ▽ ` )♡











一覧に戻る

おすすめ記事

ホワイトニングご希望の方は直接医院へお電話お願いします。