International CAMLOG congress 3日目 in ポーランド

International CAMLOG congress 3日目 in ポーランド

ドイツ・バーデンバーデンより移動してInternational CAMLOG congressのメイン会場へ。フランクフルトを経由、目的地のポーランドクラクフへ到着。

今回の研修のスケジュールは、①先ずドイツの名医ベシュニット先生のところでライブ手術見学による臨床のトレンドを、②その後ポーランドクラクフにてInternationalのエビデンス・マテリアル・ケースレポートを知ることです。コングレスのメインは2日目・3日目ですが、私は1日目のプレコングレスのハンズオからエントリーしているので、何ができるか楽しみです。コングレスでもなければなかなか来ないポーランド、移動日だけは時間があるので少しポーランド観光の時間がとれました。

一生来ることはないと思っていた、アウシュビッツ強制収容所へ

映画やドラマのロケでよく見る広大な敷地の第2収容所、ここの象徴である線路はヨーロッパ全土から多くのユダヤ人がビルケナウに連れてこられたそうです。その後第1収容所に移動、ここの入り口にはアウシュビッツの象徴「働けば自由になる」という意味の看板があります。だが実際はその逆で、新しい生活が与えられると聞かさせてきた新天地でしたが、到着と同時に労働力とみなされない75%のユダヤ人はガス室送りだったそうです。ここ負の世界遺産では今後の人生観を学ばせてもらいました。

戻る