一日で白く美しい歯が手に入る。「セレック」と呼ばれるシステムにより、セラミック製の修復物が即日で製作可能になりました。気になる歯のお悩みを解消し、美しい口元と笑顔を取り戻すことができるセレックについて、詳しくお話を進めてまいります。

セレックとは

セレック写真

セレックという名前に馴染みがない方も多くいらっしゃるかと思います。セレックとはこれまで時間を要したセラミック製の修復物をスピーディーに設計および製作するシステムです。まず、セレックのメリットについてご紹介します。

  • 短期間で被せ物を装着することができる
  • コンピュータによる作製のため、正確で精密な被せ物が作製できる
  • 審美性に優れている

通常の修復物は、歯科医院で型取りを行ったものを技工所へ送り、技工士が手作業で作製するため時間を要します。そのため型取りから出来上がるまでに2週間程度の期間を要し、その間は土台だけまたは仮歯の状態で過ごさなければいけません。そのため機能面や見た目で過ごしにくい期間が生じてしまいます。また技工士の腕により、出来上がった補綴(ほてつ)物にバラつきが生じることもあります。このようなデメリットや不具合を解消するのが「セレック」です。
セレックは歯科用CAD/CAMシステムを使用し、コンピュータ上で補綴物の設計およびコンピュータ制御により製造を行います。歯科用CAD/CAMシステムは、セラミックのブロックをコンピュータ制御によって製作するため、手作業のようなバラつきがありません。またセレックを導入しているため技工所へ送る手間もないため、短時間で補綴物を完成させ、患者様の口腔内へ装着することが出来ることから、これまでのようにお時間を頂くことがありません。

このようにセレックは「スピーディー・正確・美しい」と三拍子揃った優れたシステムなのです。

セレックのメリットについて

セレックは短期間、美しい仕上がりの他にもたくさんのメリットを持っています。次にセレックの持つメリットについてご紹介します。

  • 天然歯に近い強度を持ち、対合の歯を痛める心配がない
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がない
  • 汚れが付きにくいため、変色の心配がない
  • 歯との密着性に優れており、銀歯に起こりがちな二次カリエスの心配が低い
  • 耐久性に優れている
  • ホワイトニングでは白くならない歯でも、白く美しい口元を得ることができる
  • セレック画像

    金属の被せ物は強度が強過ぎるため、対合の歯にダメージを与える可能性が高くなります。また金属の土台(メタルコア)が使用されている場合、強い力で噛むと根が割れてしまう危険性も持ち合わせています。
    いっぽうセラミックは天然歯に近い自然な噛み心地と、土台に金属を使わないことから対合の歯や根にダメージを与えません。
    金属を使わないという面から考えても、金属アレルギーの心配がなく体に優しい素材と言えます。

  • セレック画像

    また患者様の中には銀歯にコンプレックスをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。銀歯は見た目が劣るだけでなく、銀歯の下で再び虫歯になる「二次カリエス」のリスクがあります。銀歯と歯は密着性に問題があり、どうしてもぴったりと密着しません。そのため唾液が流れ込み、内部で虫歯が広がってしまう二次カリエスを起こしやすくなるのです。二次カリエスは再治療を繰り返し、そのたびに歯を削って治療を行うため最終的には歯を失ってしまうリスクが高まります。
    セラミックは歯との密着性に優れており、隙間から唾液が入り込むことはほとんどありません。そのため二次カリエスが起きにくく、歯を守ることが可能になります。

  • セレック画像

    そしてセレックはホワイトニングでも白くならない歯に対しても効果を発揮します。ホワイトニングで白くならない歯というのは、抗生物質の副作用による変色です。テトラサイクリン系の抗生物質を長期間服用することで歯がグレーに変色してしまいますが、これは残念ながらホワイトニングでは効果が出ません。ホワイトニングでも白くならない歯に対し、セレックはこのお悩みを解消できる治療法なのです。
    このように、セレックは機能面と審美面の両方を兼ね備えている優れた治療法です。次にセレックの治療の流れについてご紹介いたします。

セレックのデメリットについて

  • ・保険適用外となります
    セレック治療は保険適用外となりますので、通常の治療より費用が高くなります。

    ・強い衝撃を与えると割れてしまうことがあります
    強い衝撃を与えると、セラミックが割れてしまう恐れがあります。
    しかし、患者様ごとのデータはきちんと保存しておりますので、すぐに修復が可能です。

    ・色の調整が必要です
    セラミックは白く美しい色ですが、他の歯と合わせるために微細な色の調整が必要となります。

    ・歯の状態により、使用できない場合があります
    セレックは特性上ブリッジ修復には向かないものになります。

セレックの費用

  • ・セラミックスクラウンCEREC   ¥70,000(税抜き)
    (先端医療の加工機セレックが半オーダーメイドで製作します。
    短期間の治療が可能でが、色と強度に制限があります。金属アレルギー無し)

    ・フルジルコニアクラウン       ¥80,000(税抜き)
    (先端医療の加工機がセミオーダーメイドで製作します。
    セミオーダーメイドの為、色に制限があります。金属アレルギー無し)

    ・セラミックスインレーCEREC    ¥50,000(税抜き)
    (先端医療の加工機セレックが製作します。治療日当日(1Day )の治療が可能です。
    色と強度に制限があります。金属アレルギー無し)

    ・セラミックスオンレーCEREC    ¥70,000(税抜き)
    (先端医療の加工機セレックが半オーダーメイドで製作します。
    短期間の治療が可能でが、色と強度に制限があります。金属アレルギー無し)

セレック治療の流れ

一日で美しい口元を作り上げることができるセレック治療の流れをご紹介します。

01歯を削ったあと、光学カメラで部位を撮影
セレックの良さのひとつに、従来のような印象剤を使った型取りを行わないことがあります。そのため気分が悪くなるなどの不快感がありません。嘔吐反射が強い方には特に有効です。 まず治療部位の詰め物や被せ物を取り除き、歯を少しだけ削って形成後、光学カメラを使って部位を撮影し、コンピュータにデータを転送します。
02コンピュータ上で噛み合わせなどをチェックする
光学カメラで取り込んだデータをもとに、モニター上で噛み合わせなどを調整しながら修復物を設計します。色々な角度から確認するため、細かい部分まで調整することができます。
03セラミックブロックからブロック選定し、加工する
セラミックブロックから患者様の歯の色に最も適したブロックを選定し、データをもとに調整した修復物を自動で削り、加工します。
04できあがった修復物を口腔内にセットする
加工された修復物を患者様の口腔内へセットし、噛み合わせなどを確認して治療が終了します。
治療開始からセット完了まで、およそ2時間程度でお口の中を美しく整えることができます。

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、汗や唾液によって微量に溶け出し体内に取り込んだ金属を、体が異物と認識して過剰に反応することです。
以前まで虫歯治療などに使われる材料は金属が主流でしたが、銀歯が原因で金属アレルギーを引き起こす事例が増えてきました。
口の中の金属は少しずつ溶け出すので、時間が経ってから発症することがあります。金属の腕時計やアクセサリーを着けていないのに赤く腫れたりかぶれたりしている場合は、昔治療した銀歯が原因かもしれません。

心当たりのある方は、一度歯科で確認してもらいましょう。金属アレルギーはパッチテストで確かめることができます。

お口の中のコンプレックスを解消し美しい口元へ
セレックは、お口の中の様々な悩みやコンプレックスを解消し、素敵な笑顔を導き出す優れた治療法です。銀歯や歯の色だけではなく、すきっ歯や規模の小さな歯並びの乱れもセレックで改善することができます。
当院では歯に関するお悩みだけでなく、もっと美しい口元へ導くための治療のご提案をさせていただきます。どんな小さなお悩みでも、まずは当院へお気軽にご相談くださいませ。

お口の中のコンプレックスを解消