新着記事

  • 2021/06/04まるちゃんがお届けする予防のお話

    私の愛用品をご紹介します♪♪
    みなさん、こんにちは。歯科衛生士の丸尾です。


    暑い日が続くようになり、体調も崩しやすくなる今日この頃ですが、皆さんはどうお過ごしでしょうか??
    熱中症とコロナに気をつけて日々お過ごし下さいね(^^)



    さて、久し振りの投稿になりますが、前回のブログでは適切なフッ素濃度を取り入れることをお伝えしました。



    今回は具体的にどのような歯磨き粉を使ったらよいか選び方のポイントをご紹介したいと思います。
    私の考えるお勧めの選び方は次の通りです。 
    ✻研磨剤の粒子が細かいもの or ジェル状のもの 
    ✻磨くときの泡立ちが抑えられているもの 
    ✻年齢に合ったフッ素濃度が十分にあるもの 
    ✻お口の状態に合わせて+αの効果を促すための成分が含まれているもの
    →例えば、着色が気になる方、知覚過敏の症状がある方に対して必要な成分がちゃんと入っているかどうかも選び方のポイントの1つですね。
         



    当院でも自慢の歯磨き粉をラインナップしていますが、その中でも特にお勧めしたいのが私がいま愛用している「SP-T ジェル」です!!
     
    この歯磨きジェル、いったい何がお勧めかというと...
    十分すぎるフッ素濃度 1450ppm が配合されています!! 

    ジェル状なので泡立ちが少ない、そしてなんといっても使い心地がとても滑らかなので気持ちよく磨けます。磨いた後もツルツル感を実感できるというメリットもあります♪♪

    ジェル状の歯磨き粉なので研磨剤がないこともポイント!歯を傷つけやすい研磨剤が入っていないのでデリケートゾーンである歯のきわのケアに持ってこいですね♪※着色がつきやすい方は研磨剤の粒子が細かい歯磨き粉と併用するようにしましょう。

    歯磨き粉にとってもちろん味も大事!!マイルドなミント味なのでミント辛いのが苦手...という方にも ピッタリです!ちなみに私もミント辛いのが苦手、泡立つのも苦手で SP-T ジェルを使用してからは市販の歯磨き粉が使えなくなりましたw


    そしてこの 『SP-T ジェル』なぜツルツル感が出やすいかというとジェル状になっているのももちろんなのですが、実は「IPMP」という成分が高濃度に入っているそうなのです。 
    少し専門的なお話になりますが、【IPMP 】とは殺菌作用のある成分の1つで、バイオフィルム内部への浸透性に優れ、高い殺菌作用を発揮します。 つまりお口の中の粘つきが取れやすくなって〈歯のツルツル感に繋がる〉ということですね。


    さらにこの SP-T ジェルには歯周病の予防成分も入っており、【むし歯予防+歯周病予防も出来る】というオールマイティーな歯磨き粉となっています。 
    価格としては少しお高めですが使う価値アリだと思いますので使ったことがないという方はぜひ使ってみてくださいね♪♪


    当院でSP-Tジェルを¥1650でご購入頂けます(^^)


    また次回このブログでお会いできるのを楽しみにしています。

  • 2021/06/01院内新聞・スタッフコラム

    院内新聞『歯っぴー通信』

    『告知』

    今月から毎月、院内新聞を発行いたします。

    内容は、お口の健康について駅前のスタッフがいろいろ投稿させて頂きますので、ご期待ください。

     

    6月は以下の内容です。


    肺を健康に維持するためには口の衛生管理が重要!

    舌みがきで誤嚥性肺炎も予防しましょう

    歯の健康レシピ

    管理栄養士♡しほちゃんの健康レシピ アドバイス


    https://drive.google.com/file/d/1vdyxtyPBm1ZDPA2sdDCsi567LxAQnTp-/view?usp=sharing



  • 2021/05/23院長コラム

    『デジタル入れ歯』日本臨床歯科CADCAM学会関西東海支部第30回記念大会を主催

    本日523()は、私が副支部長を務めます、日本臨床歯科CADCAM学会関西東海支部第30回の記念大会でした。

    日本のデジタルデンチャー(デジタル入れ歯)でトップランナーの5人の演者の先生方をお迎えして、素晴らしい講演をしていただきました。

    入れ歯のデジタル化は、これからの超高齢化社会においてかなり有意義なものになるかと思われます。

       一度デジタルで入れ歯を作ると、何度も同じ入れ歯を作ることが可能で紛失・破損にすぐに対応ができます 

    ②今お持ちの「大事な入れ歯」を機械でスキャンすればもしもの為に同じものを作っておくことが可能です。

       嚥下などのお口の機能が衰えた患者さんには、従来の粘土による型取りではなくカメラでお口の中を撮影することで、型取りの苦痛や誤嚥性肺炎などの予防ができたりと、沢山の利点を得ることができます。

    今後はこれらの新技術まだまだ発展途中ですが、草津駅前デンタルクリニックでも入れ歯のデジタル化を徐々に進めて行きたいと考えています。



     

     

     

  • 2021/04/27院内新聞・スタッフコラム

    歯医者がフロスを推す理由

    こんにちは( ´ ▽ ` )

    はじめまして、歯科衛生士の見市です。

    季節は変わり春になりました。いかがお過ごしでしょうか

    気温も少しずつ暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね

    花粉症の私には、過ごしやすくもむず痒い季節であります>_<







    さて、今回はフロスについてのお話です


    歯磨きをしても虫歯になると、お困りの方必見です


    実は歯磨きだけでは、60%しか汚れを落とせてません


    最近では、フロスはお子様の仕上げ磨きの際にもお使い頂いています






    フロス?ご存知でない方も多いと思います。

    フロスの形には、糸ようじと呼ばれるホルダータイプ糸タイプ2タイプございます。
















    最近では、薬局やコンビニでも目にする機会が増えて、見たことある方も多いと思います。


    糸タイプは使用するのに、コツや練習のいる、上級者さん向けです。


    ホルダータイプの方が使いやすく、初心者さんでも簡単にお使い頂けます。


    ホルダータイプは糸が切れるまで使い続けることが可能で、

     糸タイプは使い捨てなので、糸タイプの方が清潔に使えます。




    糸タイプの方が、難しく練習が必要になりますが、

    衛生面や清掃率、コスパもいいですし、糸タイプがおすすめです




    糸タイプにも糸の種類が2種類あり、




    ワックスタイプは、

    糸にワックスがついているため、歯と歯の間への挿入が容易に行えます。

    ただ、糸にワックスが付いているため、汚れ除去率は下がります。


    ノンワックスタイプは、

    ワックスがついていないため、歯と歯の間ヘの挿入が滑りにくく

    ワックスタイプに比べると難しいです。

    ただ、糸にワックスが付いてないため、汚れ除去が効率よく行えます。




    歯と歯の間は、歯ブラシでは入らないようなマイクロ単位の狭い隙間です。

    なので、歯ブラシとは別にフロスでのお掃除も重要になってきます。

    定期検診で歯のお掃除にお越し頂き、綺麗に歯と歯の間のお掃除もさせて頂きますが、

    毎日13食お食事をするので、すぐに歯と歯の間に汚れが溜まります。 

    歯と歯の間に汚れが溜まった状態が48時間に達すると、

    歯石と呼ばれる、歯ブラシでは取れない硬い石ができ始めると言われてます。

    歯石によって、虫歯のリスクや、歯周病のリスクを高めてしまいます。

    お忙しい日々の中だと思いますが、

    毎日1回夜寝る前にして頂けたらと思います。


    おうちでの毎日のケアがとても重要になってきますので、

    その必要性について、お伝えさせて頂きました。




    患者様のお口にあったものをお伝えさせて頂きますので、

    気軽にいつでもご相談くださいませ( ´ ▽ ` )♡











ホワイトニングご希望の方は直接医院へお電話お願いします。