新着記事

  • 2020/07/07院長コラム

    矯正歯科治療:「インビザライン システム」を使用した矯正の気になるところ(リスク)

     矯正の気になるところ(リスク)アライナー等による口腔内への影響は? 

    ブラケットを使用した矯正歯科治療ほどではありませんが,アライナーやアタッチメントによって,

    口唇 や頬が荒れたり,口内炎が生じることがあります。

    アライナーを外す際に,歯に被せられた人工物やアタッ チメントが脱落することもあります。 

    お口は非常に敏感な器官であり,アライナーが口の中に入ると慣れるまで違和感や不快感を生じます。

    一時 的に発音に影響を与える場合がありますが,通常は1〜2週間で軽減することが多いです。

    また,一時的な 唾液分泌の増加または口の渇きを生じる場合があります。

     歯の移動を目的として矯正装置によって歯に力を加えると,初めの数日間,歯の周囲に痛みを生じること があります。

    歯の痛みが強く我慢できない場合には,速やかにご連絡ください。

    来院までの期間は1つ前の アライナーを装着してください。 


     実際、私の場合は新しいアライナーを替えた時は1日目は「やや痛み?」「違和感?」「歯が動いてる感!」がありましたが

    翌日には慣れました。基本夜に新しいアライナーに交換していたので、寝てる間に馴染んでしまう感じでした。

    「アライナーやアタッチメントによって,口唇 や頬が荒れたり,口内炎が生じるか?」は、最初の1枚目の時に、

    下唇粘膜が一時的に肌荒れのような症状が出ましたが、2・3日で慣れました。

    発音は、問題なく仕事中普通に患者様に説明を毎日しておりました。

    今現在は夜間のみ装着しておりますが、日中アライナーを装着している事に慣れきってしまった為なんだか頼りなく感じる日々です。

  • 2020/07/06院内新聞・スタッフコラム

    新型コロナ対策①:受付の飛沫感染防止用パネル
    コロナ対策、引き続き行なっております!
     飛沫感染防止用パネルが届きました!!
    ビニール製の簡易的な物から、樹脂パネルの物を受付に設置しております。
     今まで会計などの時に、会話が聞き取りにくくご不便をおかけしましたがもう安心です。
    今後も当医院では、新型コロナ対策の更新に努めます










  • 2020/05/15院長コラム

    当医院は今年の5月で15周年となりました
    草津駅前デンタルクリニック診療中です。
    当医院は今年の5月で記念すべき15周年となりました。
    本来ですと皆様とお礼をかねてお祝いしたいところですが、イベントごとは自粛しております。
    元勤務医の古藤歯科クリニックの医院長からお祝いのお花いを頂きました。
    我々はコロナに限らず、普段から消毒・滅菌・換気・手洗い・使い捨て・体調確認…など、
    感染管理を徹底しています。

    草津駅前デンタルクリニック 院長

  • 2020/05/15院長コラム

    滋賀県の緊急事態制限も解除されました。

     草津駅前デンタルクリニック診療中です。

    さて皆さんが心配されている歯科治療による感染リスクですが、

    現時点で「歯科医院を通じて新型コロナウィルス感染」は、

    1例も報告されていません。 (5月13日 日本歯科医師会)

    【草津市の歯科医院のクラスターは、スタッフ同士の感染で普段の治療によるものではありません】



    昨日の滋賀県の感染者は0名と間違いなく終息の方向に向かっています。

    滋賀県の緊急事態制限も解除されました。



    我々スタッフは、ここで気を緩めることなく感染管理をより徹底します。

    そもそも歯科医院は血液や唾液に近い仕事ですので、

    今回のコロナではなく、普段から感染管理を徹底しています。

    消毒・滅菌・換気・手洗い・使い捨て・体調確認…など。

    これまで以上に徹底管理していきたいと思います。



    草津駅前デンタルクリクリニック 院長

ホワイトニングご希望の方は直接医院へお電話お願いします。